ジャクソンセミナー『より小さなメゾンを目指す理由』

ジャン・エルヴェ・シケ氏が語るジャクソンの今

キュヴェ700シリーズ最新作#740の発売を記念して、オーナーであるジャン・エルヴェ・シケ氏を迎えてのテイスティング・セミナーが開催されました。 当主自らが語った”ジャクソン”の今をお伝えします。

より小さなメゾンへ

1798年に創設され、華々しい歴史を持つメゾン『Jacquesson(ジャクソン)』 シャンパーニュの世界で確固たる地位を築き、ますます名声を高めています。 しかし意外にも、メゾンのサイズは過去に比べるとより小さくなっているとの事。

ブドウ1kgを売却するだけでも大きな利益が得られるというシャンパーニュ地方において、敢えて規模を縮小する理由とはどういったものでしょうか?

ジャクソンが契約畑を減らした理由

シケ氏がまず語ったのは”偉大なワインを造るための3つの条件”について。

  1. テロワールが素晴らしいこと
  2. 一生懸命に働くこと
  3. 満足しないワインは絶対に使わないこと

これらの条件を満たすために、ジャクソンは契約畑を削減しました。その結果、自社畑比率はなんと80%。現在、契約している農家の畑はメゾンの所有畑と同じ村にあります。

大手メゾンの多くがマスト(搾り果汁)を買い付けるのに対し、100%自社プレス。そのために幾つもの契約畑を手放したのです。そこに感じるのは、自らがコントロールできる栽培農家からのみ購入し、高品質を徹底するという強い意志。

以前のセミナーで「料理人が市場で魚を仕入れるのと同じように葡萄を厳選する。」と紹介されていた真髄はまさにこの部分にあります。

モンラッシェに匹敵する贅沢な低収量

シャンパーニュ委員会によって定められているブドウの収量は上限15t/ha。収量の少ない年は18〜20t/haまで引き上げられる事もあります。

ジャクソンの収量はつい最近まで12t/haでしたが、現在はなんと10t/ha。搾汁においても規定で定められた4,000kgのブドウから得られる2,550Lの果汁のうち、ラ・キュヴェ(一番搾り)のみを使用。その中でも埃などが多いと言う理由から、最初の50Lは捨ててしまいます。

他の地域よりはるかに収量が多いシャンパーニュ地方において、ジャクソンではブルゴーニュのグランクリュ等で見られる平均的な収量まで抑えていました。さらに今年の数値は、トップ・ドメーヌのモンラッシェなどに匹敵するまでの低収量となっています。

ガスが抜けても美味しい、特別なワイン造り

厳格な農家のように細部まで重視した畑にこだわるジャクソンですが、ワイン造りにおいてもその特殊性が際立っています。

プレスの段階で通常添加するSO2は僅かな量しか用いず、主にドライアイスで代用。 一般的な酵素による清澄作業ではなく、時間をかけてデブルバージュを行います。また、発酵後にシュール・リー状態で長期間熟成。どちらもシャンパーニュ地方では珍しく、ブルゴーニュでよく見られる手法です。

樽発酵・樽熟成を行うジャクソンではバトナージュにより澱を撹拌。これも澱の質、つまりブドウの質が高いからこそ出来る作業です。

「まずワインとして美味しいものを完成させる。」とシケ氏が語るように、2次発酵前の熟成は異例の約12ヶ月。温度が上がっても、ガスが抜けてからでも美味しく飲めるジャクソンの秘密はここにあります。

醸造の最後はノン・フィルター、ノン・ファイニング。門出のリキュールも非常に少なく、必要な時のみ全体のバランスを整える程度のドサージュしか加えていません。

最高のシャンパーニュを1つだけ

ジャクソンは決して安価なシャンパーニュではありません。しかしキュヴェ700シリーズへの取り組みを深く知る程に、真の価値が伝わり、最終的に価格への印象はまったく異なります。

2008年から造り始めたキュヴェ700シリーズ。#728からスタートし、それ以来総生産量の96%を占めるようになりました。ブドウ栽培から醸造に至るまで、ジャクソンが最も力を注いでいるのがこのキュヴェなのです。

多くのメゾンはプレスティージュ・キュヴェやミレジメといった高級シャンパーニュのために最も質の高いブドウを厳選します。しかしジャクソンでは700シリーズ完成に向けてすべての作業は行われ、余力があれば他のキュヴェを造ります。

「毎年1つだけ最高のものを」という哲学の下で醸し出される700シリーズこそ、シケ兄弟が目指す究極そのものであり、メゾンを代表するキュヴェなのです。

決して商業主義に翻弄される事なく、独自のシャンパーニュ造りを貫くジャクソン。唯一無二の最高品質のためにメゾンをより小さく。 過去最高傑作と称される#740を飲むと、ジャクソンが新しい高みに到達した事を感じていただけるはずです。


[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [5] 商品中 [1-5] 商品を表示しています

《限定》ジャクソン キュヴェ.736  デゴルジュマン・タルディフ 【ギフトボックス】

22,000円(税込23,760円)
18,810円(税込20,314円)

日本入荷数、極僅かなジャクソンの希少キュヴェ。9年を超える長期熟成を経た驚愕のハイクオリティ8


ジャクソン キュヴェ 740 【マグナム】

23,000円(税込24,840円)
19,665円(税込21,238円)
SOLD OUT

キュヴェ毎に美しく、新しい変化を遂げるキュヴェ#700シリーズ。2012年をベースに醸した#740 遂に登場。


ジャクソン キュヴェ 740

10,000円(税込10,800円)
8,550円(税込9,234円)

キュヴェ毎に美しく、新しい変化を遂げるキュヴェ#700シリーズ。2012年をベースに醸した#740 遂に登場。


ジャクソン キュヴェ 740 【ギフトボックス】

10,000円(税込10,800円)
8,550円(税込9,234円)

キュヴェ毎に美しく、新しい変化を遂げるキュヴェ#700シリーズ。2012年をベースに醸した#740 遂に登場。



ジャクソン プルミエ・クリュ・ディジー レ・テール・ルージュ ロゼ 2009 【ギフトボックス】

30,000円(税込32,400円)
25,650円(税込27,702円)

ジャクソンの単一畑から醸す美食の為のセニエ・ロゼ。上質なピノ・ノワールで驚くほど表情豊かな味わいを造り上げました。


全 [5] 商品中 [1-5] 商品を表示しています
生産者訪問レポート RM シャンパン 生産者 マチュザレム フェイスブック ティエノ来日レポート ティエノ来日レポート ソムリエのワインコラム「デゴルジュマン」 AYALA アヤラ来日セミナー R&Lルグラ来日セミナー マイィ来日セミナー エリックロデズ来日セミナー ガティノワ来日セミナー ギィ・シャルルマーニュ来日セミナー

営業日のご案内
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031