シャルトーニュ・タイエ Chartogne-Taillet

かつてのグランクリュ・メルフィに再び光を照らす若き才能

1683年にブドウ栽培家として創業、1960年代にレコルタン・マニピュランとしてのシャンパーニュ造りを開始したシャルトーニュ・タイエ。

メゾンが居を構える小さな村メルフィは、18世紀にはヴェルズネイやアイなど現在のグランクリュの村と同等の最高値でブドウが取引されていたという歴史を持つ銘醸地。
20世紀に入り度重なる戦禍に見舞われ、ブドウ畑が壊滅。後に畑は復興されたもののかつての輝きが失われてしまいました。

メルフィのグランクリュとしてのポテンシャルを重視し、その栄光を取り戻すかのように果敢に挑戦するのが、若き生産者アレクサンドル・シャルトーニュです。

ジャック・セロスで研鑽を積んだ次世代を担う生産者

大学の卒業研修でジャック・セロスのアンセルムに師事し、多大な影響を受けたアレクサンドル。セロスで学んだことは「ブドウの根をまっすぐ伸ばす方法」と「自然環境を尊重したワイン造り」と語ります。

除草剤を排除、野草をコントロールして空気を含ませるために鋤き耕した畑作りや、緻密な土壌調査など情熱的で柔軟な感性で様々な工夫を凝らしています。

多様なテロワールを活かした独自のシャンパーニュ造り

メルフィ村の特徴を一言で表すと「多様性に富んだ土壌」。他のグランクリュの土壌がほぼ粘土とチョークで構成されているのに対し、メルフィでは砂質を主体に砂岩、粘土、石灰と様々なタイプの土壌が混ざり合い、チョークの下層土を厚く覆っています。

アレクサンドルはその多様性を詳細に把握するために、DRCやジャック・セロスと同じ世界的権威を持つ土壌学者クロード・ブルギニョンに土壌分析を依頼。土壌の特性を見極め、品種との相性を考えた独自のテロワールの表現を追求しています。

個性豊かなテロワールを活かし、果てなき熱意をもって生み出されるシャルトーニュ・タイエのシャンパーニュ。その高い品質は世界中で評価されており、メルフィへ新たな光を注いでいます。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています

シャルトーニュ・タイエ キュヴェ・サンタンヌ ブリュット

6,200円(税込6,696円)
4,845円(税込5,232円)
SOLD OUT

次世代を担う生産者アレクサンドル・シャルトーニュ。ジャック・セロスで学んだ若き才能が生み出す格別なキュヴェ。


全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています
生産者訪問レポート RM シャンパン 生産者 マチュザレム フェイスブック ティエノ来日レポート ティエノ来日レポート ソムリエのワインコラム「デゴルジュマン」 AYALA アヤラ来日セミナー R&Lルグラ来日セミナー マイィ来日セミナー エリックロデズ来日セミナー ガティノワ来日セミナー ギィ・シャルルマーニュ来日セミナー

営業日のご案内
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728