クレモンペルスヴァル訪問レポート

クレモンペルスヴァル 畑

次々と頭角を現す若手生産者の中でも、特に高い人気を誇るクレモン・ペルスヴァル。 シャンパーニュの都ランスの南に位置するシャムリィ村のメゾンを訪問しました。

シャムリィ村は3つの土壌が存在するユニークな土地

クレモンペルスヴァル トロンボ

一級畑に格付けされるシャムリィ村は区画ごとに異なる3つの土壌が存在します。

まず見学した区画“トロンボ”は粘土質の土壌でピノ・ノワールとムニエが混植されています。 隣接する樹一本ごとに違う品種が植えてある事に驚きました。 ピノ・ノワールにとっては土壌が適し、ムニエにとっては気候が適する。なので混植していると言います。

クレモンペルスヴァル レ・ルルー

シャムリィ村でもっとも上にある区画“レ・ルルー”は30cmの砂質土壌の下に石灰質があります。ここではシャルドネが植えられています。まるで砂浜のように細かくサラサラとした砂に覆われています。

それぞれ分けて収穫・醸造し、クレモン・ペルスヴァルならではの土壌の個性が感じられるシャンパーニュが出来上がります。

カリスマ、ジャック・セロスとの関わりとメゾンのスタイル

クレモンペルスヴァル 畑

過去にはシャンパーニュのカリスマ、ジャック・セロスに教わった事もあるといいます。 そして全ての若手生産者はセロスの影響を受けていると言えるほど強い影響力を持つと言われます。 ただし現在はシャンパーニュ造りにおいて、ジャック・セロスをモデルとしておらず、全て父から受け継いだ造り方を継承しています。

原酒の個性がそのままシャンパーニュに現れる

クレモンペルスヴァル ステンレスタンク

畑から戻った後はヴァンクレール(シャンパーニュの原酒となるワイン)を試飲します。 レ・ルルーのミネラル、トロンボの華やかさなどの土壌の個性がヴィンテージごとに多様に存在しています。

そしてそれぞれのヴァン・クレールに表れている土壌の個性が、二次発酵を経てシャンパーニュになった後でもしっかりと感じられます。土壌をそのままシャンパーニュに現すクレモン・ペルスヴァルのスタイルがとても理解出来る試飲でした。

クレモンペルスヴァル 

最後にラタフィアが登場します。ラタフィアとはブドウ果汁にアルコールを添加した甘みのあるお酒です。ブドウの糖分がアルコールに変わらずに残るため、ブドウ本来の甘さが楽しめるファン必飲のアイテムです。 クレモン・ペルスヴァルでは贅沢にもシャンパーニュに使っても良い上質な一番搾りの果汁を使ってラタフィアが造られます。とろみがあり濃厚なブドウ由来の甘みがとても魅力的でした。

2017年発売予定、初のヴィンテージシャンパーニュへの思い

クレモンペルスヴァル 

一般的にヴィンテージシャンパーニュは、良いブドウが収穫出来た年だけに造られます。クレモンペルスヴァルでは毎年醸造し、ついに今年初のリリースを迎えます。

ヴィンテージシャンパーニュを毎年醸造しているのはこんな思いから
「毎年全力で造っているから良いも悪いも無い。ミレジメを造らない理由がない」
いつも全力で畑仕事をこなすクレモンペルスヴァルの自信が現れた力強い一言でした。

未発売のミレジメ2010は、ドメーヌ設立年のもので初リリースのミレジメとなります。 ブドウがしっかりと熟した年で果実味が豊富でミネラルもあり、皆様にもぜひ楽しんで頂きたい逸品です。 日本でも2017年中にリリース予定です。ご期待下さい!

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています

クレモン・ペルスヴァル 人気キュヴェ3本セット

24,200円(税込26,136円)
18,000円(税込19,440円)

テロワールの個性を見事に醸し出した3つのキュヴェが飲み比べできる3本セット。


全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています
生産者訪問レポート RM シャンパン 生産者 マチュザレム フェイスブック ティエノ来日レポート ティエノ来日レポート ソムリエのワインコラム「デゴルジュマン」 AYALA アヤラ来日セミナー R&Lルグラ来日セミナー マイィ来日セミナー エリックロデズ来日セミナー ガティノワ来日セミナー ギィ・シャルルマーニュ来日セミナー

営業日のご案内
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728