ジャマール JAMART

ジャマール

エペルネ南の新地域“コトー・ド・シュッド・デペルネ”

ジャマールの創設は1934年。パン屋を営んでいたエミリアン・ジャマールが、モエ・エ・シャンドンのカヴィストとして働いていた義父と共に村の醸造所を購入したのが始まりです。

1996年に誕生した地域“レ・コトー・シュッド・デペルネ”のサン・マルタン・ダブロワ村に本拠地を構え、現在4.8haの自社畑を所有し、家族経営のままで続けられる量だけを丁寧に造り続けています。

まだ余り知られていないこの地域ですが、良質のチョーク層に恵まれヴァレ・ド・ラ・マルヌのふくよかさと、コート・デ・ブランのシャープなミネラルの両方を併せ持つワインが産出されています。

シャンパーニュの要は白亜紀後期の凝縮したチョーク層

シャンパン チョーク 土壌

ジャマールの畑がある地域は20cm程の浅い表土の下に固いチョーク層が数十メートル続いています。 ランス周辺の柔らかいチョーク層とは異なり、固く圧縮されたチョーク層へ葡萄樹は30m以上も根を伸ばしていくといいます。「このチョーク層こそが私達のシャンパーニュの主役。軽やかなアロマと繊細なミネラルをもたらしてくれる。」と4代目のマキシム氏は語ります。

ジャマールでは、この土壌を好むピノ・ムニエとシャルドネを中心に栽培しています。

希少な樹齢80年のピノ・ムニエを贅沢に使用

ピノ・ムニエ 古木

ジャマールの自慢は、所有している区画に1930年代に植えられた樹齢80年のピノ・ムニエ。葡萄樹はチョーク層に深く根を下ろし地中のミネラル分を存分に吸い上げ、更に柔らかさやフィネスをワインに表現しています。

ジャマールでは全て醸造所内の小さな設備で行っており、創業当時の設備を現在でも使用しています。

「醸造方法は曽祖父の時代と殆ど変えていない。私達が造りたいのは絢爛豪奢なシャンパーニュでは無い。この地域の個性である柔らかく繊細なシャンパーニュを楽しんで欲しい」

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています

ジャマール カルト・ブランシュ

5,800円(税込6,264円)
3,515円(税込3,796円)

注目エリア発!樹齢80年のピノ・ムニエ主体で造られる柔らかく繊細な味わいの癒やし系シャンパーニュです。


全 [1] 商品中 [1-1] 商品を表示しています
生産者訪問レポート RM シャンパン 生産者 マチュザレム フェイスブック ティエノ来日レポート ティエノ来日レポート ソムリエのワインコラム「デゴルジュマン」 AYALA アヤラ来日セミナー R&Lルグラ来日セミナー マイィ来日セミナー エリックロデズ来日セミナー ガティノワ来日セミナー ギィ・シャルルマーニュ来日セミナー

営業日のご案内
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728